手作り横断幕を広げ歓迎

昨日はJR只見線に待望の越乃Shu*Kuraが走りました。私もキャンセル待ちで座席をと申し込みましたが残念ながら、、せめて仲間の嬉しそうな顔だけでもと思い駅のホームへ。すると気合の入った若いファミリーが手作り横断幕を広げ歓迎のお出迎えをしてました。微笑ましくて嬉しくてたまらなかった、、

山田方谷さんに興味を持ちました

一昨日の講演会は歴史上の人物にスポットをあてた講演とはいえ、現代の私たちの生活にも密接に関係するとても深い内容でした。ますます幕末備中松山藩(岡山県高梁市)の山田方谷さんに興味を持ちました。あの河井継之助も彼の七大改革に学んだという、、講演の模様はこちらからどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=6-6HHEAIi9Y
そうそう講師の野島先生ほか、PHP「歴史街道」最新号にて23ページにわたり「山田方谷」特集が組まれています。(画像は野島透先生の左が小名泰裕氏、右が安司弘子さん)
※幕末、備中松山藩(現岡山県高梁市)の財政を立て直した重臣、山田方谷の話。逼迫した藩の財政を藩主板倉勝静の命を受け、わずか数年で立て直すなど手腕を発揮。藩の財政を黒字化して全国から注目され、あの長岡藩の河井継之助も教えを請いに参上。
本来ならば江戸時代を長期安定させた功労者の会津藩祖保科正之公とともに、歴史上もっと大きく取り上げられるべき偉人と考えます。徳川家に近い5万石の譜代大名のため、藩も戦火に巻き込まれそうなところを、なんと藩主を交代し備中松山藩は新政府に恭順し、松山城は無血開城、藩と領民をすべて守ったのです。当時はよもやありえない秘策だったことでしょう。
そんなお話を山田方谷の直系6代目のご子孫で、大蔵省(現財務省)入省後、内閣府参事官、大臣官房会計課長、九州財務局長等の要職を歴任し、日本の財政トップ官僚のひとりでもある野島先生にわかりやすく解説していただきました。

素敵なお二人にお会いしました

先日素敵なお二人にお会いしました。以前花ホテル講演会の講師を務めていただいた福島市倫理法人会前会長の鈴木勲(ら・さんたランド社長)さんと新会長の亀岡さとみ(地域サポート研究所代表)さんです。会津でモーニングセミナーの講師を終えて、お立ち寄りいただきました。ありがたいことに亀岡さんにも講師をご快諾いただきました。日程が決まり次第、お知らせいたします。

マツコさんをぜひ柳津に!

先日、ある番組の最終回を偶然見ていたら、なんとなんとあのマツコさんが生放送中に有吉さんと夏目さんに赤べこ3体をプレゼントされていました。かつて只見線や写真家星賢孝さんを番組内で特集してくださったりと、私たちにはゆかりのある番組でありました。それにマツコさんはかつて会津若松でも他番組の特集ロケでお越しいただきたっぷり会津を語ってくださいました。次は赤べこ伝承発祥の地、会津柳津でお待ちしていますね。

追加講演会のお知らせです

緊急で以下の講演会が追加になりました。ご興味あります方はぜひご一緒にいかがでしょう!
*第671回花ホテル講演会
 タイトル:「わかりやすく伝える技術!~要点をたった一言で~」(仮題)
 講  師: 安倍 大資 氏(元日経新聞記者 フルエール代表 福岡県在住)
 日  時: 令和3年10月18日(月)19:00~20:30
 会  費: 2,500円(弁当付き要予約 先着15名)
 問い合せ: 担当塩田 090-3129-8102
<講師紹介>
1985年生れ北九州市出身。コーチ、執筆家。早大商学部卒業後、日経新聞記者に。12年間で300本以上の署名記事を執筆。経営者の取材を通じ「共感される理念」の大切さに気づく。35歳で独立し、企業や個人の理念(クレド)を作るコーチング会社・FULLYELL(フルエール)創業。https://fullyell.com/
講師: 安倍 大資 氏

バイクツーリングのリピーターのお客様

バイクツーリングのリピーターのお客様Kさんのインスタグラムから了解いただき抜粋しました。ちょっと長い文章ですが、、
————————–
一晩お世話になることになったのは柳津町の「花ホテル滝のや( @hanahotel_takinoya )」さん。
2011年、東日本大地震の年から毎年お世話になってる、温泉地の素敵なお宿。
玄関では可愛い赤べこがお出迎え!
こんな景色も目と鼻の先!
(次以降にもっと綺麗な写真載せますね)
福島県は原発による被災のあった地域。
でも福島県の会津地域は実際にそこまで大きな原発による直接的被害は少ない。
放射線量も実は東京都内とそんなに大差はない程。
今でこそそれが少しずつ知られてきてるけど、発災直後は「福島県」というだけで危ないというイメージを持つ人が世間にはめちゃくちゃ多かった。
その所為で、観光業で生活を立てる人が多い会津地域は風評被害で大打撃(勿論震災の実害があった人もいる)。
風評被害払拭のために始まったバイクイベントが「福島復興おんもしぇ祭」(当時は違う名称)。
危険視されている地域での宿泊型イベントの目的は大きく2つ。
・イベント参加や宿泊で現地に直接お金を落とすこと
・メディアに取材してもらうことで、危険な場所ではないことを世間にアピールすること
そんなイベントを、友人であり私のかかりつけバイク屋の店長が発足させた。
勿論!私もスタッフ側として参加。
現況になるまで、2011年から毎年計9回、一緒に活動させてもらった。
白バイ先導の道の駅間パレードに合わせて、町の方が手を振ってくださる景色は圧巻。
(過去のポスター参照!)
(標題は私が筆入れさせて頂きました!)
ときひろみ さんや難波優香 さん、美環 さん、TrafficSignal さん等、タレントさんやモトブロガーさんにも沢山応援協力頂き…
参加者も西は近畿圏、東は北海道まで各地からの沢山の仲間ができた!
活動の中で、柳津町として大きく動いてくださったお宿の1つが今回の宿泊地。
去年・今年はこの情勢のためイベントは見送られたけど、集団イベントでもスタッフの立場でもなく、純粋に遊びに行こう!ひとっ風呂楽しませて頂こう!って感じで行ってきた。
それでもイベントを回顧する話、今後を見据えた話に花が咲き…
お宿の旦那さんは観光業のプロ。
発想豊かで人当たりも温かで優しく、とにかくご自身が動く方。
その旦那さんを陰でテキパキ支える女将さん。
抜群の相性で、お宿のみならず町の観光業を牽引してくれている。
温泉地である柳津、ここの露天風呂が最高。
バイク移動が前提だから、まだここの雪化粧された露天に浸かったことはない…
でも気温差が半端ない会津の夜でも、ゆっくり温泉に浸かれば芯から温まる。
ちなみに湯はボチボチ熱め…
外が寒いからすぐ馴染んで気持ち良くなるけど!
お宿の息子さんが器用に革細工を始められたそうで。
ショップ名は「zout works( @zoutworks )」さん。
その作品も店内に展示販売してあった。
革で作られた立体赤べこの細かさ!!
…はさすがに買えなかったんで、可愛いキーホルダーを1つ買わせて頂いた。
赤べこWAONと並べて記念撮影。
会津柳津町は赤べこ発祥の地。
ここに来たら絶対自慢しようと思ってた、この47都道府県図柄入りご当地WAONカード。
見つけたのは今年に入ってから。
このご当地WAON、買い物の0.1%が自治体に寄付されるらしい。
生まれ故郷、育った街、今住む所、旅でご縁のできた町…
色々迷った結果、毎年来ている会津をチョイス。
去年から来れていなかった会津に、少しは何かできるかな〜と思った。
柳津町にイオンはないから、このカードはきっと売っていない。
だから少しだけ自慢!
長いね。もうブログ始めるべきだな…
#東北PR局 #旅ライター になりたい!

本館となりの大清水の祭礼です

昨日は本館となりの大清水の祭礼でした。水神様とお不動様をおまつりしています。今年は雨の中、町内の方と祭礼に参加していました。また一年、美味しい天然わき清水をいただき、コーヒー等サービスさせていただきます。

「福島県 県民割引プラス」がスタート!

感染拡大防止に留意しながら、まず福島県内のお客様からですが「県民割プラス」という宿泊割引がようやくスタートしました。この後、GoToキャンペーンやその他企画の予定がありますが、県外のお客様向けにも特典付きオリジナル宿泊プランをご用意しておりますので、お気軽にお問合せください。

◆「福島県 県民割プラス」について以下簡単にまとめてあります。

【対象者】
福島県内居住者(予約・購入時、また旅行当日も県内在住者であること)

【実施期間】
予約受付開始日:2021/10/1(金)
割引対象期間:2021/10/4(月)チェックイン~10/31(日)チェックアウト分まで ※10/31以降の予約については10月中旬以降に改めて発表予定
特典クーポン利用期間:チェックイン後からチェックアウトの日まで

【助成内容】
県内の参画宿泊施設において宿泊代金の最大50%(上限1人1泊10,000円)を割引し、「県民割プラス宿泊者特典クーポン」を付与。詳細は下記の通り。
▽1人1泊あたり
・5,000円~ :2,500円補助+特典クーポン 2,000円分
・7,700円~ :5,000円補助+特典クーポン 2,000円分
・12,000円~:6,000円補助+特典クーポン 2,000円分
・14,000円~:7,000円補助+特典クーポン 2,000円分
・16,000円~:8,000円補助+特典クーポン 2,000円分
・18,000円~:9,000円補助+特典クーポン 2,000円分
・20,000円~:10,000円補助(上限)+特典クーポン 2,000円分
※宿泊代金の総額を人数で割った場合の1人あたりの金額が5,000円以上の旅行が利用対象となる
※添い寝や食事代のみなど宿泊代金のかからない幼児・子供は人数に含まない

【特記事項】
・キャンペーン利用の際は、対象の宿への直接予約・申し込み、または対象の旅行予約サイトや旅行代理店での予約・申し込みを行う
・チェックイン時に居住地確認のため代表者の公的な身分証明証の提示が必要
・1回の旅行で3泊分までが支援の対象となる
・観光旅行のみ対象となる(ビジネス目的での宿泊および法人カードによる決済は対象外)

▼詳細やお問合せ 福島県 県民割プラス
https://fukushima-pr.staynavi.direct/campaign/prefecture/fukushima/kenmin